プラセンタ注射との違い

水素点滴の効果

美容に効くらしい水素点滴美容皮膚科や美容外科といった、美容系クリニックで受けられる
美容医療の中には特に、アンチエイジング効果に優れた方法もあります。


今、注目を集めているのが「水素点滴」です。

高濃度の水素水を直接、血管内に入れる事によって水素水の様々な効果を得られます。
水素はとても優れた還元作用があり、老化を促進すると言われている
活性酸素の除去に大きな効果を発揮します。

酸化を抑える効果はビタミンCの約170倍、ビタミンEの約430倍もあると言われており、
その効果の高さが分かるでしょう。

水素をダイレクトに体内へと取り込む事によって、活性酸素を除去する効果が高まり
結果、アンチエイジング効果を発揮するという仕組みです。
ダイレクトに取り込む

 

水素点滴以外にメジャーな美容医療としては、プラセンタ注射も挙げられます。
ただ、あまり身近な存在ではない美容医療、治療を受けたらどのくらいの料金がかかるのか
気になる方も多いのではないでしょうか。

水素点滴の場合、1回の施術につき相場は約5000円から1万5000円程度です。
プラセンタ注射の場合は、健康保険が適用されるケースと、自由診療となるケースで費用は大きく変わります。

年期障害・乳汁分泌不全・肝機能障害などの治療であれば、健康保険が適用されるので料金はかなり軽減されます。
3割負担の健康保険であれば1アンプルにつき、約500円程度が相場です。

健康保険

一方、アンチエイジングや美肌、ニキビ、疲労回復などを目的とした場合、健康保険は適用される自由診療となります。
このケースだと約3000円から1万円程度が平均相場です。

健康保険が適用されるかどうかで、治療費が大きく変わるという事は覚えておいた方が良いでしょう。

また、プラセンタ注射は人の胎盤から抽出して作られた注入剤を使用するので、感染症のリスクがあります。

国内では施術を受けた人は感染症のリスクが高いという事もあり、献血を受ける事は出来ません。
水素点滴の場合は、このようなリスクはないので感染症の不安を軽減したいなら、こちらの治療法がおすすめです。